読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピッツ好き

スピッツ好きのメモ。ブログは初心者。更新頻度はまちまち。

MUSICA 9月号 スピッツ感想

◉全曲解説と来たらやっぱり読むしかないでしょう。とは言え、いつもの事ですが曲自体の解説は実質的にほぼなく、「こういった事を考慮しつつ作ってみました」という姿勢の解説みたいな感じでしたね。 ◾︎「醒めない」は、まぁ散々言われてましたがオープニン…

15.5「ナサケモノ」 ★

「ナサケモノ」 ◉ここ最近プライベートが多忙で中々時間が作れませんでしたが、いや〜この曲については本当に書きたかった。 ◉と言うのも、自分がこのアルバムの中で好きな曲TOP3に入るのがこの「ナサケモノ」なんですね。 初聴きの時はイマイチピンと来なか…

15.4「コメット」

★コメット ◉この曲はドラマ「HOPE」の主題歌にもなりましたね。色んな場所でチラホラ見かける限りだと、今回のアルバムはこれと「ヒビスクス」が大変人気が高いようです。 ◉TVで初めて聴いた時はイントロにスピッツらしさを感じなかったので違和感を覚えまし…

15.3 「子グマ!子グマ!」

★「子グマ!子グマ!」 ◉この曲を最初に聴いた時は正直ビックリしました。現代のバンドのサウンドをスピッツ流にアレンジしたらこんな感じなのではないかな、と。 あまり詳しくはないのですが、Aメロのギターのフレーズとかは「ゲスの極み乙女」っぽいかなと…

15.2 「みなと」

★「みなと」 ◉この曲のシングルはアルバムの三ヶ月前という直近で出たものなので、もしかしたら買ってないって人も多いかもしれないですね。 ◉サウンドに関しては、「醒めない」よりも歪んだベースに、終始美しく鳴り響くテツヤギター、マサムネのグレッチの…

15.1「醒めない」

★「醒めない」 ◉記念すべきタイトルトラックですね。この曲だけは、やはり今作のアルバムの中でも異質の存在だと思う。 マサムネが「ここ最近ゆったり目の一曲目が続いたので明るめの曲を作った」「オープニングの曲として最後に作った」と発言した通り、正…

15.0 アルバム「醒めない」を考える前に

◉「醒めない」を各曲ある程度聴き込んだので、これから考察に入ろうかなと思います。 ◉が、その前に、前提としてこの考察には「筆者の想像」が多く含有されます。。こじつけっぽい所も多々あるかと思います。コンセプトとかストーリーがあるアルバムが好きな…

スピッツ 「醒めない」 直後感想

◉醒めないを一周通して聴きました。直後の感想って良く考えたらリアルタイムでしか書けないなと思ったので、大雑把にですが残しておきます。 「何だこれは」 ◾︎いや〜元気なアルバム、と言ってましたが疾走感がヤバいですね。バンドサウンドを保ちつつ色んな…

スピッツ 15thアルバム「醒めない」がキタ

◉遂に「醒めない」のベルゲン盤が来ました。この日の為に3年間生きてきたと言っても過言ではない。フラゲ報告で散々焦らされたからなぁ……。 ◾︎取り敢えずLIVE音源の方もあるんで、一通り聴きこんでから一曲ずつとアルバム全体の考察なんかを上げていきたいっ…

スピッツ 「醒めない展」 感想

◉スピッツの「醒めない展」に行ってきました。以下感想 ◾︎今回はVRメインという事で、小さな生き物展よりはかなり展示は少なめです。なので、入場代500円+VR代500円ですが、実際の内訳は入場代200円+VR代800円って感じですね。と言うか、VRはそれ以上払って…

スピッツ 「リズム&ドラム・マガジン」と「Tresen+」感想

◉以下、リズム&ドラムマガジンの感想 ◾︎やはり、今回のアルバムが終始「ロックバンドとしてのドラムの音」に拘って収録した事が書かれていましたね。 ◾︎新アルバムは既出曲のスネアの音がもうメチャクチャ好みで。昔のアルバムと比べると、収録環境の差もあ…

FM802「OSAKAN HOT 100」スピッツ感想

◉スピッツの為にradikoプレミアム入った(笑)んで聴きました! 七月終盤のスピッツラジオラッシュに嬉しくも苦笑い……平日の夜はキツいっすね……w ◾︎やっぱりマサムネさんの声は聴いてて安心しますね〜。今日は10代生電話という事で。羨ましすぎる……!二人共…

スピッツ 7月の出演・掲載情報まとめ

◉時系列順です。ラジオは◯、雑誌は★、TVは□ ◯7/24 (日)FM802「OSAKAN HOT 100」 ◯7/25 (月) FM802「FLiPLiPS」 ★7/25 (月)「リズム&ドラム・マガジン」 ※﨑山 ◯7/25 (月) FM大阪「遠藤淳のYou’ve Got a RADIO!」 ◯7/26 (火) bayfm「it!!」 ◯7/26 (火) FM…

ベースマガジン(田村) 感想

以下ネタバレ ◾︎田村特集!という事で、自分は音楽的な知識はほぼ皆無なんですけど結構楽しめました。 ◾︎とは言え、やはり完全には理解出来ずアヤフヤなところも以下多々あるので、興味のある方は是非読んで下さい。 ◾︎機材に関しては、この前のMステで使っ…

スピッツ コメット 歌詞文字起こし

◉先程フルで流れたので試しに文字起こししてみました。聴き間違いなどがありましてもご了承下さい。レッツ耳コピ。 「誰でも良いよ」と 生き餌を探して迷路の街角で 君に会った 黄色い金魚の ままでいられたけど 恋するついでに 人になった 押し寄せる人波に…

スピッツの新曲:コメット&結成29周年!

◉スピッツ/コメット 初オンエア ◾︎新曲コメットがフジの日9ドラマの主題歌として流れましたね。 ◾︎正直、最初聴いた時は「微妙……」って感じだったんすけど、録画したものをイヤホンで聴いてチェックしたら、「これ夜聴いたら凄い気持ち良さそう……」みたいに…

「スピッツ/アルバム/一番好き」

◉暇なので、Twitterで「スピッツ アルバム 一番好き」で検索してみました。 ◾︎ザッと一年半前まで追ってみたんですけど、やっぱり人気なのは「隼」「インディゴ地平線」「さざなみCD」辺りですね。特に「隼」はかなり人気な感じが見受けられました。 次点で…

音楽の日のスピッツ

◉「音楽の日」に出演したスピッツを見ました。 ◾︎いや〜醒めないだけか〜。夏なので渚くらいは演奏してくれるかと期待してたんですけどね。残念。 それでも、スピッツの貴重なTV出演を見れて良かったす。マサムネの声も伸び伸びしてましたしね。 ◾︎それにし…

MUSICA8月スピッツ感想

◉MUSICA読んだ! 以下ネタバレ注意 ◾︎「グリーン」は名前に反し、まさかの「コメット」「みなと」と並ぶシングル級wコメットは彗星だと思ってたら金魚の方の意味らしいですね、スピッツらしいけど。 ◾︎「死と再生」をコンセプトに作ろうとした、ってのは「音…

スピッツのメンバーについて

◉スピッツのメンバーに対して思う事を書きます。正直、歴史とかを知りたい方はwikipediaが一番オススメです。 名前順で。 ◉草野さん(ヴォーカル、リズムギター) ◾︎女性人気がとにかく凄いですね。「見た目が変わらない」と言われていますが自分は結構変わ…

醒めないが飛ぶように売れる事を祈る

◉15thアルバム「醒めない」が飛ぶように売れる事を夢見ております。 ◾︎正直、リードトラックの「醒めない」がイメージと全く違って明るかったのですが、メッッッッッチャクチャ良い曲ですねw 個人的には、小さな生き物以降のシンプルなバンドアレンジに加え…

初聴者のススメ(アルバムテーマ別ランキング編)

〜スピッツアルバムのテーマ別オススメランキング〜 A.恋愛中 1.ハチミツ2.インディゴ地平線3.空の飛び方 B.失恋した人 1.フェイクファー2.インディゴ地平線3.小さな生き物 C.スピッツの真髄を知りたい 1.フェイクファー2.スピッツ3.隼 D.明るい気分になりた…

初聴者のススメ(アルバム特徴編)

◉「ロックロックこんにちは」が終わりましたね。自分は例の如くチケットが外れ、夢の大阪遠征とは行かなかった訳ですが。 それより、やはりフェスに行くとスピッツに惚れ込む人が一定数存在する様で嬉しい限りです。Twitterでサーチをかけている感じだと、特…

スピッツ好きなランキング

◉音楽に優劣は無いですが、順位を付けるのは好きなので「スピッツの好きなランキング」を自分なりに作ってみました。 〜オリジナルアルバム〜 1.フェイクファー2.インディゴ地平線3.隼4.名前をつけてやる5.小さな生き物/醒めない6.惑星のかけら ---壁-------…

スピッツの楽曲について③

◉詞の世界観 ◾︎草野さんは歌詞制作にあたり「性と死」というテーマが根底にあると語っています。「尖っているもの」に「性」を、「丸いもの」に「死」を感じるそうです。前者は「男性器」(を表していると捉えられるような楽曲が多々あります)など、後者は…

スピッツの楽曲について②

◉まず、自分の「邦楽」に対する見解を示します。 ◉日本語について ◾︎邦楽は基本的に大部分の詞には「日本語」が使用されていますよね。邦楽は往々にして洋楽に見劣りすると評されがちですが、この「日本語」こそ邦楽の最大の個性にして魅力を含蓄する部分だ…

スピッツの楽曲について①

◉自分はスピッツというバンドがこの世で一番好きで、後にも先にも自分の中でスピッツという存在を越えるようなアーティストは多分出てこないと思います。 スピッツが唯一無二の存在である理由としては「楽曲の固有性」です。この項目ではこの魅力について語…

注意事項

このブログはスピッツの15thオリジナルアルバム「醒めない」発売を記念し、筆者が「スピッツ」及び「スピッツの楽曲」に対する個人的な思いの丈を整理する為に綴ったものであり、他のファンの方の解釈及び思想を批判・侵害するものではない事をご確認下さい…